浄化について⑦【その他の精油と浄化】

前回まで、当店の浄化精油として販売されている4種をご紹介しましたが
ほかにも浄化の作用がある精油がいくつかありますので
ご紹介いたします。



ジュニパーベリー
画像の説明

エジプとやチベット、ネイティブアメリカンなどさまざまな文明において
儀式用の薫香に使用されてきました。
とくに、波長が合わない人や場所などの浄化に優れています。
水とともに使用すると、お互いの浄化力が引き出されます。

ジュニパーベリー精油はこちら



ローズマリー
blog (1)

中世ヨーロッパでは、悪霊を追い払うために使用されてきました。
霊的防御に有効なので、朝一番や外出する前に使用すると効果的です。
アロマテラピーでも頭脳明晰化作用もあるので、朝の使用は特におすすめです。

ローズマリー精油はこちら



パイン
blog (2)

公共の場の浄化に有効です。浄化して活気づける役割があります。
ディフューザーでの使用が最適です。
受付やオフィス、混み合う場所など。
ジュニパーの代わりにもなります。

パイン精油はこちら



ヒソップ
ヒソップ

浄化のハーブとして、長い歴史があります。
ヘブライ人やエジプト人は寺院の清掃に使用していました。
瞑想やヒーリングをする場所の浄化に優れています。

ヒソップ精油はこちら



マグワート(ヨモギ)
マグワート

ネイティブアメリカンの浄化の儀式では、場所と人々を浄化するため
使用していました。
中世期ヨーロッパではハーブにして悪霊から守るため
家につる下げたりもしていました。

※マグワート(ヨモギ)の精油は、妊娠中は禁忌です。

ヨモギ精油はこちら

コメント


認証コード8762

コメントは管理者の承認後に表示されます。