香りマーケティング

調香2正方形;,rounded

香りの嗜好データ

調香体験を基にした(100種類以上の香りから選んだ年代や男女別のデータ)をもとに,ターゲットに合わせた香りを選び・ブレンドを行います

試験管

アロマテラピー理論

アロマテラピーの知識に基づいて、機能的な香りやブレンドを選びます

抽出

地域原料からの香りや機能成分の抽出

お客様でお持ちの原料を活かした商品づくりのサポート
柑橘、根菜、花などから香りを取り出し、商品に配合します
植物がもつ機能性成分の抽出を行い、商品に配合します

香りマーケティングの利用シーン

香りを選ぶ・調香

店舗での利用

お客様満足度を高めたり、
購買意欲を増す香りを利用します

商品での利用

アロマテラピーにより商品に機能の付加

ビジネスシーン

香りによる話題作り。リラックスできる空間づくり。

© 合同会社LC

a:360 t:3 y:1