西都ジャバラ 和精油

原料名西都ジャバラ
生産地西都市
生産時期12月~1月頃
生産量~1L
製造可能量約~1L
供給単位20,50,100(ml)


ジャバラ(じゃばら・邪払)は、もともと和歌山県北山の原産のみかんです。「邪」を「払」うという意味から、この名前が付けられています。

ユズなどに比べても、非常に酸味が強く加工品などに使われています。
また果汁には、「フラボノイド」という成分が含まれ花粉症に効果があると言われています。

そんなジャバラは宮崎県では西都市で栽培されています。

西都ジャバラの精油は、非常に酸味が強い香りです。
レモンの酸味とオレンジの香りの甘み爽やかさがあります。