原料へのこだわり

香りの違い

 精油は、植物が花や葉、枝、根、果皮などにある油胞と呼ばれる場所に、自ら作り蓄えた天然100%のアロマオイルです。そのため、精油はその植物によって香りや成分が変わってきます。オレンジとラベンダーの香りが異なるのは当然ですが、オレンジ同士やラベンダー同士でも、栽培する気候や肥料など収穫時期によって、香りは異なってきます。

栽培方法

 LCの精油では、無農薬や減農薬などの栽培方法や果実の状態を把握することができます。LCでは、無農薬もしくは減農薬の原料を使用しております。果実の状態は毎年異なってくるため、香りも毎年変化していきます。なお、例年無農薬タイプは日向夏、柚子、橙、完熟金柑、甘夏になります。

エッセンス(食品添加物)

 LCの精油はブレンドタイプを除き、エッセンス(食品添加物)としてもお使いいただけます。塩や醤油、オリーブオイルなどの調味料の中に一滴落としてお使いください。いつもとは違う風味をお楽しみいただけます。